社員教育動画は、従業員および顧客へのサービス提供に関して非常に有効なコンテンツです。

社員のトレーニングビデオは、視覚的で、伝わりやすく、費用対効果が良好で、従業員がいつでもどこでも確認できる存在、であるべきですね。

しかし、制作にかかわった人はおわかりかと思いますが、社員教育動画は非常に制作スキームが煩雑で難易度の高い動画と言えます。この記事をお読みの方も、まさにそのような印象をお持ちなのではないでしょうか。

ではここで、良質な従業員向けのトレーニングビデオを参考に、社員教育動画制作における重要なポイントを確認してみましょう。

これらを参考にすることでコンセプトや方向性がぶれないようになり、またあなたの企業が打ち出すべきセールスポイントを再確認することができるはずです。(企業PR動画において参考にすべき20の事例はコチラ

1、Chick-fil-A(チークフィルア)レストランのサービスとおもてなし

この作品の撮影スタイルは、「チェックポイントを洗い出して指摘すること」であり、その事を重要な位置づけとしています。

動画はすべて、顧客に暖かく本物のサービスを提供すること、の意識づけを最優先に制作。

動画内の照明と色のグレードも暖かく、メッセージを強調する作りに。撮影場所は実際のチークフィルア(Chik-fil-A)レストランです。

プレゼンターは、レストランチェーンのオーナーが求めるであろう、素晴らしい対応のできる従業員をイメージしたモデルとして演出されています。

あえて「悪いサービス」の例を使用せず、プレゼンターは肯定的なことについて重点的に話します。これはこの動画が視聴者に伝えようとしている「全体を通じて前向きなコンセプトのレストランイメージ」を強調するための手法で、非常に有効かつ重要です。

プレゼンターは、従業員が平等で価値のある存在である、と紹介。これはマナーと共に従業員の士気を高めるのにも役立つポイントです。

2、Tetley Tea Masters

あなたに対して特定のテクニックやプロセスを指導しているビデオは、多くの場合あなたがそれらを基に実演するときだけでなく、誰かに指示をするときにも効果的です。

一見それは単純なように聞こえるかもしれませんが、何かをする方法を示すことは、理解とブレずにその考え方保ち続ける事において、非常に長い道のりとなります。

このビデオは、カメラアングルの使い方にも優れています。例えば、お茶を沸かし注ぐプロセスのトップダウン角度、およびプレゼンターを映す複数の角度等は、歳差運動における切れ目のない切断および編集を可能にしています。

このビデオのプレゼンターはカメラに対して非常に自然な振る舞いであり、彼の話しやすさは彼をトピックの専門家として説得力を持たせることに成功しています。これは、時間を無駄にしていないという安心感を人々に与え、有用な知識(ビデオの意図)を学ぶきっかけになっています。

3、アクティブシューティングトレーニング

この社員教育動画は、ターゲットオーディエンスを非常によく理解しています。発表者の撮影スタイル、長さ、色合いは、ほとんどの大学生の年齢層をターゲットとしている、と言えるでしょう。

撮影スタイルは、攻撃性がもたらすスピード感と緊急的な状況があり、充分なほどダイナミックです。それはまさに映画のような気分になり、ややシチュエーションが不自然に感じられるかもしれませんが、ビデオの非形式的な性質を上手く活かし、世界観を現実に近い範囲に再現しています。

トレーニングビデオは本来、必要な情報を限られた時間で伝える事が求められています。この動画自体やや長さもありますが、生徒の集中が切れるほど長くは無いと言えます。

4、ホテルカスタマーサービストレーニング

現代の基準では、このビデオ構成は多くの点で昔から利用されている手法といえ、特に画面上のテキストの使用は非常に効果的かつ有効です。

この社員教育動画は、トレーニングプログラムの紹介ビデオにおける素晴らしい例です。

動画撮影、セット、演技など、あらゆる場面で高い生産価値を持っています。これら設定上において実行されたビデオの利点は、視聴者が遭遇する可能性のあるシチュエーションの状況をロールプレイングするのにきっと役立つことでしょう。

遊び心があり、高い生産価値と相まって、これは非常に面白いビデオです。

5、セージ・コーヒー・アプライアンス・トレーニング

これは、トレーニング動画において非常にユニークなビデオです。

大きな特徴として、まず非常にじっくりと作り込んで(約26分間)おり、鑑賞するのにも時間がかかります。このトレーニングビデオは、実際にコーヒーマシンの複雑さを細部まで掘り下げて紹介しています。

動画の基本的な構成として、発表者とコーヒーメーカーとのデモンストレーション、この関係性を切断しながら説明することによって知識を伝えます。

このビデオの制作者は非常に知識のあるプレゼンターを選んでおり、非公式ではありますが最適と思われる知識の共有を行うことで、ユーザーはポイント・ツー・ポイントによる簡潔な方法で深い知識を得ることが可能になっています。

6、ゴールデンセーフティルール

これは非常によく作られたアニメーションビデオです。

要点を抑えた作りになっており、テンポの良いアニメーションとCGによる世界観は、動画として違和感なく見ることができるでしょう。

このアニメーションは、ポップアップやテキストのカットアウェイエフェクトにより効果的にメッセージを伝える参考となるでしょう。

まとめ

社員教育動画は、このように様々なパターンがあります。それぞれが目的用途により撮影方法や映像の時間も変化しているのが確認できたはずですね。

あなたの企業に最適かつ、コンセプトを明確に出来る社員教育動画。そこを意識してみてください。